横浜人形の家で幻想的な影絵劇と手影絵体験

魔法使いビーストと少年ウィリー

横浜人形の家 あかいくつ劇場から、3人の魔法使いが不思議で幻想的な影絵の世界へ案内します。
大人も子どもも、夢中になる影絵エンターテインメントを体験してみませんか?

美しい影絵で観る世界のふしぎな魔法つかいのお話

3人の魔法つかいが、あなたを影絵の不思議な夢の世界へ招待します。

世界のファンタジー・アドベンチャーなお話を、幻想的な視覚演出で鑑賞したり、入館者参加型の手影絵体験など、参加者全員が夢中になる影絵エンターテインメントです。

かかし座 影絵劇「魔法つかいのおとぎばなし」ダイジェスト

開催日時 2018年7月8日(日) 11:00~ / 14:00~ (公演時間 約60分)
開催場所 横浜人形の家 4階 あかいくつ劇場
横浜市中区山下町18
横浜人形の家
料金 大人(高校生以上) 1,800円 / 小人(3歳~中学生) 1,000円
入館料 大人400円 / 小人200円が含まれています
全席自由
3歳未満のお子様が保護者の膝の上で鑑賞する場合は無料
チケット予約 横浜人形の家ホームページにて予約受付中
(横浜人形の家 2階受付でも予約可能)
協力 公益財団法人現代人形劇センター
影絵劇 脚色・構成・演出: 花輪充
出演: 劇団かかし座
お問合せ 横浜人形の家 佐久間さん / 長谷川さん
Tel. 045-671-9361 / Fax. 045-671-9022
メールアドレス info@doll-museum.jp

作品紹介: 第1話「魔法使いビーストと少年ウィリー」

ウィリーが森の中で出会ったのは、恐ろしい魔法使いの「ビースト」
ウィリーとお母さんはビーストを退治しようと…
魔法使いビーストと少年ウィリー

作品紹介: 第2話「魔法の呪文、ムタボール!」

どんな動物にも姿を変えられる魔法の薬を手に入れた王様は、コウノトリになって空へ飛び立ちます!
けれど、その魔法には重大な約束事があって…
魔法の呪文、ムタボール!

劇団かかし座 紹介

劇団かかし座
1952年創立、日本で最初にできた現代影絵の専門劇団です。
世界でも数少ない職業影絵劇団として、独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出しています。

影絵の映像手法を駆使した舞台公演は年間約1,000ステージ以上。
近年は手影絵パフォーマンスが注目を集め、さまざまなメディアに活躍の場を広げ、影絵の総合エンターテインメントを国内外に発信しています。

情報提供: PRTIMES(横浜市)