「東京金魚ワンダーランド2018」全長100メートルの金魚空間に1000匹の金魚が舞う

東京金魚ワンダーランド2018

水族館の常設展示として日本最大級となる約100メートルの金魚展示エリアに1,000匹の金魚を展示する「東京金魚ワンダーランド2018」を【すみだ水族館】で開催します。

金魚ちょうちんトンネルなど、1,000匹の金魚が舞う金魚空間で世界の金魚を世界のビールを飲みながら鑑賞しませんか?

東京金魚ワンダーランド2018 展示概要

「東京金魚ワンダーランド2018」では、約100メートルの日本最大級の金魚展示エリアを100個の金魚ちょうちんで照らし、日本だけでなく他の国の金魚も含め、色も形も違う約20品種、約1,000匹の金魚を展示します。

館内のカフェ周辺では、世界各地で長い時間をかけ、掛け合わされて生み出されてきた様々な品種の金魚の紹介と、その土地のビールを販売し、世界中の金魚を鑑賞しながらビアホールの気分も味わえる「世界の金魚ビアホール」を開催します。

全長100メートルの金魚展示空間「金魚ちょうちんトンネル」

江戸をテーマにした金魚展示エリア「江戸リウム」で約20品種、約1,000匹の金魚を展示します。
展示エリアは、金魚ちょうちん発祥の地、山口県柳井市の職人が一つ一つ手作業で制作した100個の金魚ちょうちんが空間を演出します。

金魚ちょうちんトンネル

展示期間 2018年6月30日(土) ~ 9月30日(日)
展示場所 5F 「江戸リウム」
展示品種 ワキン / リュウキン / ランチュウ / エドニシキ / アズマニシキ / タンチョウ / デメキン など
展示する金魚は期間中に変更する場合があります。

黄色や青の金魚も登場!「金魚いろくらべ」

普段、見ることの少ない黄色、茶色、青など、さまざまな色をした金魚たちを、8個の水槽で比べて鑑賞していただくことができます。

金魚いろくらべ

展示期間 2018年7月9日(月) ~ 9月30日(日)
展示場所 6F テラススペース付近
展示品種 イエローコメット / チャキン / セイブンギョ など

世界の金魚ビアホール

中国でフナから生まれた金魚は、日本やアメリカ、イギリスなど多くの国で長い時間をかけて掛け合わされ、多くの品種が生み出されてきました。

世界の金魚ビアホール」では世界4カ国5種の金魚の紹介と、その同じ土地で生まれたビールを販売します。

開催期間 2018年6月30日(土) ~ 9月30日(日)
開催時間 9:00 ~ 21:00
開催場所 5F 「江戸リウム」
展示品種 コメット / ブリストルシュブンキン / リュウキン / エドニシキ など

金魚ソーダ ~金魚鉢付き~

金魚をイメージしたフルーツカクテルとベリーを入れた、爽やかな甘さのドリンクです。金魚鉢からすくって食べる楽しさを味わえる、かわいくて楽しい期間限定メニューです。
金魚鉢型の容器はお持ち帰り可能です。(なくなり次第終了)

金魚ソーダ ~金魚鉢付き~

販売期間 2018年6月30日(土) ~ 9月30日(日)
販売場所 5F ペンギンカフェ
販売価格 750円(税込)

金魚ソフトクリーム

金魚の赤をイメージしたラズベリー味のソフトクリームです。

金魚ソフトクリーム

販売期間 2018年6月30日(土) ~ 9月30日(日)
販売場所 5F ペンギンカフェ
販売価格 360円(税込)