松戸市のおすすめ紅葉スポット3選と人気イベント紹介

地域や住民にやさしい取り組みや催しを通年開催している千葉県松戸市が開催している、秋の行楽シーズンにオススメの最新イベントや秋の紅葉スポット紹介します。

松戸市の人気イベントと紅葉スポット“オススメ3選”

歴史や自然文化を楽しむことができ、SNS映えする紅葉スポットや、「日本一並ばないと食べられない」といわれているラーメン店が参加するグルメイベントまでを紹介します。

日本の歴史公園100選に選定された「戸定(とじょう)が丘歴史公園

戸定が丘歴史公園

国重要文化財の戸定邸と、松戸徳川家ゆかりの品を展示した戸定歴史館のある公園で「日本の歴史公園100選」「関東の富士見百景」にも選ばれています。

戸定邸は、最後の将軍・徳川慶喜の弟で最後の水戸藩主・徳川昭武(あきたけ)が明治になって住んだ邸宅で、国内で唯一となる一般公開されている徳川の住まいです。
明治期の和風上流建築として貴重とされ、国の重要文化財に指定されており、旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)は、国の名勝にも指定されています。

例年の紅葉時期 11月中旬 ~ 12月上旬
所在地 千葉県松戸市松戸714-1
戸定が丘歴史公園
アクセス JR・新京成電鉄 松戸駅 徒歩10分
開園時間 9:30 〜 16:30 (閉館 17:00)
休館日 月曜日
料金 公園は無料 / 戸定邸,戸定歴史館は有料 (共通入館券 240円)

戸定菊花祭開催 〜菊で祝う七五三〜

戸定菊花祭豊かな緑と美しい芝生の戸定邸の景観を生かし、千松菊花会の協力のもと、約100鉢の菊で菊花祭を開催します。
七五三の記念写真の撮影場所としてご活用できます。

開催期間 2018年10月31日(水) ~ 11月11日(日)
入場料 共通入館料 (七五三の子どもとその保護者2人まで無料)
お問合せ 戸定歴史館 電話: 047-362-2050

色々な葉色が混ざってカラフルな景色が楽しめる「21世紀の森と広場」

21世紀の森と広場

東京ドーム約11個分の広さの「21世紀の森と広場」は、バーベキューや自然散策もできる豊かな自然に囲まれた公園です。毎年、11月中旬~12月中旬にかけて公園内の紅葉が見ごろを迎えます。

真っ赤に紅葉したモミジは、光と風の広場つどいの広場周辺で見ることが出来、紅葉を楽しむ絶景ポイントとなっています。
また生命の森・親緑の丘は、既存の樹木をそのまま生かした森となっているので、紅葉だけでなく森林浴も楽しめる公園となっています。

自然に囲まれた公園

例年の紅葉時期 11月中旬 ~ 12月中旬
所在地 千葉県松戸市千駄堀269
21世紀の森と広場
アクセス 新京成電鉄 八柱駅 南口下車 徒歩15分
JR武蔵野線 新八柱駅 下車 徒歩15分
開門時間 9:30 〜 17:00 (11月 〜 2月は 〜16:30)
駐車場 622台(1日 500円) / 225台(料金時間制)

松戸秋の風物詩 松戸モリヒロフェスタ 開催

モリヒロフェスタ松戸市制施行75周年記念 / 21世紀の森と広場 開園25周年の記念事業の一環として 松戸モリヒロフェスタ を開催します。
また、このイベントは松戸市の秋の風物詩として市民の方々に親しまれています。「日本一並ばないと食べられない」といわれている、松戸市有名ラーメン店「中華蕎麦とみ田」店主、富田治氏監修によるラーメンサミットや日本全国のアウトドア、旅をテーマとしたお店、キッチンカーなどさまざまなジャンルのお店が並びます。

開催期間 2018年11月23日(金・祝) ~ 11月25日(日)
開催時間 各日 10:00 〜 16:30 (閉園) / 荒天中止
開催場所 21世紀の森と広場「水とこかげの広場・光と風の広場」
費用 入場無料
内容
  1. 「中華蕎麦とみ田」富田治 PRESENTS 松戸ラーメンサミット
  2. アウトドアエリア
  3. 松戸集まるしぇ
  4. 松戸の魅力PR / 協賛企業PR / 森のこども館
  5. 「まつど大農業まつり」 (11月23日のみ同時開催)
    JA主催・松戸市農政課共催)
  6. 「松戸市国際文化祭」 (11月23・24日同時開催)
    MIEA主催・松戸市文化観光国際課共催

約1,500本のモミジが彩る松戸市の歴史ある紅葉スポット「本土寺」

本土寺

長谷山(ちょうこくさん)本土寺は、別名「あじさい寺」とも呼ばれており、初夏にはアジサイや花菖蒲が見事に咲き誇り多くの参拝者でにぎわいます。
秋には約1,500本ものモミジが彩り、春には桜、冬には蝋梅と四季折々の表情を楽しめることから、市内屈指の花の名所として知られています。

本土寺

本土寺は、豪族 平賀忠晴の屋敷内に、日蓮上人の高弟である日朗を導師として招き、建治3年(1277年)に開堂したのが起こりとされています。
下総国における日蓮宗の中心寺院の一つで、同じく日朗の開創した鎌倉長興山 妙本寺、池上長英山 本門寺と共に「朗門の三長三本(さんちょうさんぼん)」と称された屈指の名刹です。
この寺には、日蓮直筆の書状類をはじめとして、松戸市にとって貴重な中世史料が数多く所蔵されています。

例年の紅葉時期 11月中旬 ~ 12月中旬
所在地 千葉県松戸市平賀63
日蓮宗本山 長谷山本土寺
アクセス JR北小金駅 徒歩10分
開門時間 8:00 〜 17:00 (最終受付 16:30)
拝観料 中学生以上 500円

紅葉に関する豆知識 紅葉(こうよう)ってそもそも何のこと?

紅葉ってなに?

紅葉とは、秋になって葉が紅色や黄色に変わることを意味したり、その葉そのものを意味します。
葉っぱの色の変化は、葉の中の葉緑素がなくなり、アントシアンなどの色素が蓄積して起こります。

広い意味での紅葉は、紅葉に黄葉やその他を含むもので、狭い意味での紅葉は、木の葉っぱが紅くなること、または紅くなった状態をさします。

紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違いは?
もみじ
もみじ
いちょう
いちょう
かえで
かえで

紅葉(もみじ)も楓(かえで)もどちらも分類上はカエデ科のカエデ属、葉の形状の違いで呼び方が変わります。
葉の切れ込みが深い方が「もみじ」で、切れ込みが浅い方が「かえで」となります。

情報提供: PRTIMES(松戸市役所)