明治時代の幻の鉄道「大仏鉄道開業120年記念ウォーク」開催

梶ヶ谷隧道

明治時代に9年間だけ、加茂川と奈良の間を走っていた幻の鉄道「大仏鉄道」が開業したのは、今から120年前。
京都府木津川市と奈良県奈良市はこの「大仏鉄道」の開業120年を記念して記念ウォークを開催します。

大仏鉄道開業120年記念ウォーク イベント概要

今でも残る大仏鉄道の廃線跡には、開業当時から残る橋台や隧道などの遺構が多く残っています。
紅葉がますますきれいに色づくこの季節に、明治情緒タップリのウォーキングコースを巡ってみませんか?

大仏鉄道開業120周年記念ウォーク
開催日時 2018年12月1日(土) 小雨決行(荒天中止)
集合場所 JR加茂駅東公園
京都府木津川市加茂町駅東1丁目2-2
受付時間 9:30 〜 10:15
定員 250人
費用 無料 (昼食、飲み物等は各自持参)
コース JR加茂駅 ~ JR奈良駅(約13km)
各遺構で、大仏鉄道研究会等による定点ガイドを行います。
参加申込 往復はがきに以下の事項を記入して、奈良市観光戦略課または木津川市観光商工課へ。(はがき1枚につき5人まで申し込み可)

  • 参加者全員の住所 / 氏名(ふりがな) / 生年月日 / 性別 / 電話番号
  • 返信宛名面に代表者の宛先
申込先 奈良市 観光戦略課:
〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1

木津川市 観光商工課:
〒619-0286 京都府木津川市木津南垣外110番地9

申込期限 2018年11月20日(火) 必着
その他 ゴール地点の総合観光案内所前では、ウォーク参加者を対象に特産品が当たる抽選会を15:00から実施します(両市長による挨拶も予定しています)
また、両市の農産物等の販売(13:00 〜 16:00)も行います。
お問合せ 奈良市観光経済部 観光戦略課 電話: 0742-34-5135

大仏鉄道とは?

大仏鉄道」は、明治時代の鉄道会社「関西(かんせい)鉄道」の加茂と奈良を最短距離で結んだ、約10kmの路線の愛称です。

この路線は、明治31年に加茂駅から奈良市法蓮町の大仏駅の区間が開業し、大仏駅は東大寺の大仏詣で多くの人々が利用し、同社の花形路線となりました。

翌年、奈良駅まで路線を延伸しましたが、明治40年に加茂駅から木津駅を経て奈良駅へ至る、平坦なルート(現在のJR関西本線)が開通しました。この平坦なルートの開設により、黒髪山など急坂の難所を抱えているこの路線は明治40年に廃線となりました。

大仏鉄道の営業期間はわずか9年と短く、当時の資料がほとんど残っていないことから、同鉄道は「幻の大仏鉄道」と呼ばれています。

情報提供: PRTIMES(奈良市役所)