レトロ門司港のシンボル「門司港駅」が建設当時の姿に復原完成

門司港駅

レトロ門司港のシンボル的存在の「門司港駅」が、約6年間の保存修理工事を終え、まもなく105年前となる大正時代の建設当時の姿で復原されます。

門司港駅 グランドオープン概要

門司港駅は、105年前の1914年(大正3年)に建造され、約70年後の1988年(昭和63年)に鉄道駅としては日本で初めての重要文化財に指定されました。

2012年から始まった保存修理工事が間もなく完成し、2019年3月10日(日)に、建設当時の姿としてグランドオープンします。

駅舎の補修改善工事は完了しますが、駅周辺の工事は引き続き2019年秋頃まで行われます。

新しくオープンする店舗

  1. 1階 「スターバックス コーヒー 門司港駅店(仮称)」
    スターバックスコーヒー門司港店店舗は、大正時代の門司港駅の三等待合室の雰囲気を残しながらも、スターバックスらしい、落ち着いた雰囲気を目指し、大正時代にタイムスリップしたような雰囲気の中で、高品質のコーヒーやサービスでくつろげる空間づくりを行います。
  2. 2階 レストラン「みかど食堂 by NARISAWA」
    レストランの名称は、大正時代に門司港駅の2階で営業していた洋食食堂の「みかど食堂」をシェフ成澤氏とともに再興するという想いを込め「みかど食堂 by NARISAWA」としました。
    再興するレストランのコンセプトとしては、「地元のお客様に愛され、門司港のシンボルとして誇れる洋食レストラン」です。
    • 西洋と日本の食文化が融合した懐かしい料理
    • 重要文化財でもある、復原された大正時代の駅舎で味わう上質な雰囲気
    • 丁寧であたたかなおもてなし

    「みかど食堂 by NARISAWA」 ウエディングプラン受付開始

    内装イメージ内装イメージ

    「みかど食堂 by NARISAWA」では、1日1組限定のウエディングプランを提供します。

    ウエディングプラン概要
    開始時期 2019年8月1日(木)〜
    平日: 11:00 〜 21:00 / 土日祝日: 17:00 〜 21:00
    人数 最大70名
    予約受付 2019年1月4日(金)より受付開始
    10:00 〜 19:00 (火曜日定休)
    受付場所 JR九州ステーションホテル小倉 (電話: 093-512-0390)

    料理イメージメニュー例: 季節の魚料理 / 牛ヒレステーキ / デザート 等全6品より

    門司港駅の大正時代への復原内容について

    駅舎外観 今回、大正3年当時の姿に復原するに当たり、外壁は石貼り風にモルタルを塗り、屋根は天然の石盤を葺きました。
    屋根周りの飾りも過去に消滅してしまっていたものを今回、復原させました。
    大時計 門司港駅大時計
    門司港駅のシンボルである駅舎正面の大時計は、調査の結果、九州初の電気時計として大正7年に設置されたことがわかり、その歴史的価値を尊重し、今回新調しました。
    駅舎内観
    1階
    駅舎内観 1階旧三等待合室の復原イメージ

    • 建設当時の内観を復原
    • 天井と腰壁は、淡い黄色に
    • 壁は白い漆喰壁
    • 構造補強も兼ねたエレベータを新設
    • グランドオープン後はカフェとして利用


    駅舎内観
    2階
    駅舎内観 2階2階食堂の復原イメージ

    • 建設当時の内観を復原
    • 天井と腰壁はこげ茶色のワニス塗装
    • シャンデリアを復原
    • 壁は白い漆喰壁
    • グランドオープン後はレストランとして利用


    みかど食堂について

    みかど食堂

    「みかど食堂」は、門司港駅の開業と同時に営業を開始しました。
    当時、山陽鉄道の急行列車内で食堂車を運営していた「みかど株式会社」が全国の主要駅に設けた高級洋食店でした。

    「みかど食堂」の名物メニューのカレーはソースポッドで提供され、テーブルにはフィンガーボウルが設置され、天井にはシャンデリアと豪華で贅沢な空間を提供していました。

    ノリタケの皿小皿 (ノリタケ)
    カップ (東洋陶器)カップ (東洋陶器)

    駅舎の復元工事中に旧厨房の床下から発見された、当時の伝票によると、1日200組の来店があったようでかなり賑わっていたようです。しかし、その後の関門トンネルの開通により来客数の減少が止まらず、1981年(昭和56年)、ついにその歴史に幕をおろしました。

    成澤 由浩今回、みかど食堂を復興するに当たり、「ワールド50 ベストレストラン」に10年連続で選出され、JR九州 SWEET TRAIN「或る列車」のスイーツコースを演出している成澤 由浩(なりさわ よひひろ)氏が、「みかど食堂」の料理の監修を行います。

    情報提供: PRTIMES(九州旅客鉄道株式会社)