おでかけや小旅行の計画に役立つイベント情報サイト

アンティークな西洋の「からくり人形」の紹介と実演、企画展「からくり人形の世界 ~オートマタの100年~」 開催

オートマタ企画展

六甲オルゴールミュージアムでは、19世紀末に西洋でブームとなったオートマタ(自動人形)の紹介と実演を期間限定で企画展「からくり人形の世界オートマタの100年~」として開催します。

この企画展でしか展示されない貴重なオートマタも7点出展されます。

「からくり人形の世界 ~オートマタの100年~」 開催概要

この企画展では、ぜんまい仕掛けで動く貴重なアンティークの自動人形や、その技術が受け継がれて制作された自動人形や、21世紀の現代製の自動人形などを1日7回の実演で、実際に動く様子に加え、歴史や仕組みについても紹介します。

開催期間 2019年1月11日(金) ~ 2019年2月27日(水)
休館日: 期間中の木曜日
実演時間 10:30 〜 16:30の毎時30分から各回約15分(1日7回)
毎時00分からは、オルゴールコンサートを実施します。
開催場所 六甲オルゴールミュージアム
兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145
電話: 078-891-1284
六甲オルゴールミュージアム
参加費用 無料(別途、入館料は必要)
出展品 21点の自動人形を紹介します。出展作品の内、貴重なアンティークの自動人形も含めた7点が本企画展のみで展示・実演する自動人形です。
営業時間 10:00 〜 17:00 (16:20受付終了)
入館料 大人(中学生以上) 1,030円 / 小人(4歳~小学生) 510円

オートマタ(自動人形)とは

18世紀のスイスやフランスでは、複雑な動きをする人形が作られていました。18世紀末にオルゴールが発明されると、人形の内部にオルゴールを組み込んだ自動人形が制作されるようになり、19世紀後半には、最盛期を迎えました。

出展作品の一部紹介

エクリヴァンエクリヴァン (自動人形/1988年製)
1988年にパリの工房で制作された、オルゴールの音色と共に、手紙を書く仕草をするピエロのオートマタをその工房を受け継いだM・ベルトラン(スイス、1928年-1999年)が、現代に蘇らせました。
 
他にも、
アクロバットをするピエロ (自動人形/1993年製)
シンギング・バート (からくり/19世紀末)
など21点が展示されます。
人形のコンディションにより一部変更の場合もあります。

本企画展のみで展示・実演をする自動人形の紹介(一部)
フルート吹き(部分)
1995年 ドイツ
F・エールライン
フルート吹き
少女と鳥の巣(部分)
1905年頃 フランス
L・ランベール
少女と鳥の巣
マジシャン(部分)
1988年 スイス
M・ベルトラン
マジシャン