おでかけや小旅行の計画に役立つイベント情報サイト

あしかがフラワーパークで「ふじのはな物語~大藤まつり2019〜」開催

大藤

あしかがフラワーパークでは、藤の花とツツジが咲き乱れる百花繚乱の園内にて、「ふじのはな物語大藤まつり2019~」を開催します。
園内の大藤は、見頃が約1週間と短いため、大藤を見られる方は、お早めにお越しください。

2019年4月よりあしかがフラワーパーク駅が開業し、駅から徒歩3分となりアクセスも便利になっています。

ふじのはな物語~大藤まつり2019〜 開催概要

あしかがフラワーパークには、350本以上の藤と、5000株以上のツツジが植栽されています。

樹齢150年におよぶ600畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤など350本以上の藤が園内に咲き誇ります。
藤の咲く色の順番としては、うす紅〜紫〜白〜黄色の順番で約1ヶ月間楽しめます。

また、CNNより、映画「アバター」の魂の木の様な幻想的な光景が広がると称賛され、日本で唯一「2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所」に選ばれました。

ふじのはな物語 ~大藤まつり2019〜
開催期間 2019年4月13日(土) ~ 5月19日(日) 予定
開催時間 7:00 〜 18:00
4月18日(木) ~ 5月12日(火)はライトアップ開催の為、〜 21:000
開催期間およびライトアップ期間は開花状況により変動します。
アクセス 2019年4月1日(水)に、JRあしかがフラワーパーク駅が開業し、駅を出ると目の前は、あしかがフラワーパークです。
また、JR足利駅やJR佐野駅周辺に車を止めて、あしかがフラワーパーク駅まで快適にアクセスできるパーク&トレインライドもご利用ください!

  • 電車でご来場
    JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅より徒歩3分
  • 東北自動車道より
    佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
  • 北関東自動車道より
    • 太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
    • 足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
    • 佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)
駐車場 無料臨時駐車場 6,000台

うす紅藤(さくら色の目映い藤)

例年見頃: 4月中旬 ~ 4月下旬頃

うす紅藤うす紅藤 (昼)

うす紅藤 夜間うす紅藤 (夜)

大藤 (栃木県指定天然記念物)

例年見頃: 4月下旬 ~ 5月上旬頃

大藤 昼間1大藤 (昼)

大藤 昼間2大藤 (昼)

大藤 夜間1大藤 (夜)

大藤 夜間2大藤 (夜)

白藤 (栃木県指定天然記念物)

例年見頃: 5月上旬頃

白藤のトンネル長さ80mの白藤のトンネル

白藤 昼間1白藤 (昼)

白藤 昼間2白藤 (昼)

白藤 夜間白藤 (夜)

きばな藤

例年見頃: 5月上旬 ~ 5月中旬頃

きばな藤 昼間きばな藤 (昼)

きばな藤 夜間きばな藤 (夜)

八重黒龍藤 & 見返り藤

八重黒龍藤八重黒龍藤

見返り藤見返り藤

色鮮やかなツツジ

例年見頃: 4月中旬 ~ 5月上旬

ツツジ1ツツジの仲間は世界中に分布し、園芸種も含めると1,000を超える品種が存在しています。

ツツジ2明るい日差しの中、鮮やかな色彩の花が豊かに咲き誇る姿は眩しいほどです。

JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅

あしかがフラワーパーク駅JR両毛線 あしかがフラワーパーク駅は、2019年4月1日(水)に開業し、電車を降りるとすぐ目の前は、あしかがフラワーパークなので、アクセスが更に便利になりました。

あしかがフラワーパーク駅

注意事項
あしかがフラワーパーク駅を利用する際の注意事項として

  1. あしかがフラワーパーク駅は無人駅ですので、コインロッカーや自動販売機等は設置されていません。
  2. 電車の本数が少ない(1時間に1〜2本)ため、予めJR東日本の時刻表でチェックしておいてください。
  3. ホームは1つのみで、上下線で共通です。電車がホームに入ってきたら、必ず行き先を確認してください。

また、JR足利駅とJR佐野駅周辺に車を止めて、あしかがフラワーパーク駅まで快適にアクセスできる「パーク&トレインライド」も、交通渋滞を避けることができますので、便利です。

パーク&トレインライドパーク&トレインライドの詳細はこちら

情報提供: PRTIMES(株式会社足利フラワーリゾート)