おでかけや小旅行の計画に役立つイベント情報サイト

10メートルの火柱が宙に舞う勇壮な吉田神社の手筒花火を見に来ませんか?

手筒花火

火柱の高さが10メートル以上にもなる花火を手に持ち、花火を上げる勇壮な手筒花火は、吉田神社が発祥の地です。

2019年 7月19日(金)より吉田神社にて「豊橋祇園祭」が開催され、手筒花火が奉納されます。この勇壮な手筒花火を見に来ませんか?

豊橋祇園祭 開催概要

豊橋祇園祭の初日には、吉田神社境内にて勇壮な手筒花火の放揚、2日目の前夜祭には豊川河川敷での打ち上げ花火開催、3日目の本祭には、神輿渡御(みこしとぎょ)が執り行われます。

打ち上げ花火

2019年の豊橋祇園祭のみどころは、

  1. 大小合わせ約350本の手筒花火に加えて、台物といわれる神輿の上に設置した大筒花火や乱玉花火が10数台奉納されます。
  2. 豊川河畔においてミュージックスターマイン、金魚花火、打ち上げ花火が約12,000発が夜空を鮮やかに彩り、大音響とともに揚げられます。
  3. 打ち上げ花火をあげているのは、花火業者だけでなく、豊橋祇園祭の氏子たちも日々努力を続け、打ち上げ作業に従事しています。
  4. 本祭りでは、笹踊りや頼朝行列、饅頭配り、神輿渡御などが古式ゆかしく市内氏子八ヶ町を巡回します。
開催期間 2019年7月19日(金) 〜 7月21日(日)
開催内容・時間 19日 手筒花火 (吉田神社境内) 18:30 〜 22:00
20日 打ち上げ花火 (吉田神社隣接の豊川河川敷) 18:00 〜 21:00
21日 神輿渡御 (氏子町内) 17:30 〜 19:00
開催場所 手筒花火 (吉田神社)
愛知県豊橋市関屋町2
愛知県豊橋市関屋町2
 
打ち上げ花火 (豊川河川敷)
会場マップ
アクセス
  • 豊橋駅より徒歩20分
  • 市内電車で札木(ふだぎ)または市役所前より徒歩5分
料金 手筒花火: 無料
打上花火: 有料桟敷あり(5,000円/人)
運営 吉田神社・豊橋祇園祭奉賛会
お問合せ 豊橋祇園祭奉賛会事務局 電話: 0532-53-5528

打ち上げ花火

吉田神社の手筒花火

手筒花火発祥の地 吉田神社の手筒花火は、450年以上の歴史があり、この手筒花火の奉納は五穀豊穣を祈り、一年の無事と子孫繁栄を願い、神にささげる花火として氏子によって代々受け継がれてきました。

手筒花火は、節を抜いた約1メートルの孟宗竹に火薬を詰めたもので、花火を揚げる氏子たちが約2ヶ月かけ、竹切り、繩巻き、火薬込め等自ら制作を行います。

噴き上がる火柱が約10メートルにもなる激しく火を吹く手筒花火を腰で抱え、全身火の粉を浴び、勇壮に放揚します。ドーンという大きな衝撃音とともに手筒花火の底が抜け“ハネ”と呼ばれるラストを迎えます。

手筒花火ハネ

運営者の思い
炎を崇め、炎を敬い、炎を制する
吉田神社の境内で行われる手筒花火の奉納は、氏子達が己の身を清め、神に忠誠を誓う信仰的儀式です。
放揚者は手筒花火の制作(竹切り、繩巻、火薬の込め作業)を自ら行います。
手筒花火のその壮絶で勇壮な様は、見る者の心を揺るがして止みません。
ひとたび手筒花火に点火されたら、その手筒花火の製造者としての責任や氏子としての宿命を受け入れ自らが礎となって花火を携え、降りかかる火の粉、下方に抜けるハネに耐えなければなりません。

情報提供: PRTIMES(豊橋祇園祭奉賛会)