おでかけや小旅行の計画に役立つイベント情報サイト

芝生の上で寝転がって「ボヘミアン・ラプソディ」川崎競馬場で野外無料上映開催

ねぶくろシネマ@川崎競馬場

今年のねぶくろシネマ@川崎競馬場では、アカデミー賞4部門を獲得した、あの「ボヘミアン・ラプソディ」を内馬場の芝生広場で上映します。

芝生の上に寝転がりながら、食べたり飲んだりしながら映画を鑑賞することができます。

ねぶくろシネマ@川崎競馬場 開催概要

毎年、初夏の恒例行事として開催しているコスモスイニシア特別協賛「ねぶくろシネマ@川崎競馬場」の2019年の上映作品は、アカデミー賞4部門を獲得したQueenの「ボヘミアン・ラプソディ」(日本語吹替+日本語字幕)と決定しました。


前回開催の様子

ねぶくろシネマで上映する作品は、親子で楽しめる映画を毎回セレクトしています。
今年は、「ボヘミアン・ラプソディ」を日本語字幕と、字幕が読めない子供も一緒に楽しめるよう、日本語吹替版での上映となります。

上映作品に合わせて、ヒゲやタンクトップのコスプレも大歓迎です!

芝生の上に寝転んで映画鑑賞

野外での映画上映会は、映画館のように静かに鑑賞する必要はありません。
わからないシーンを親子で会話したり、音楽に合わせて口ずさんでもいいのが魅力です。

芝生の上で映画鑑賞

多摩川河川敷や野球場などで野外上映会を開催してきた「ねぶくろシネマ」は、予約の必要がなく現地集合で、誰でも参加可能です。

上映作品紹介

ボヘミアン・ラプソディ (日本語吹替版+日本語字幕)
1970年、ロンドンのライブ・ハウスに通う若者フレディ・マーキュリーは、ブライアン・メイ(ギタリスト)とロジャー・テイラー(ドラマー)と共にバンドを結成する。
1年後にはジョン・ディーコン(ベーシスト)が加入し、バンド名をQUEENとして活動を開始しる。
メンバー4人はアルバムを制作し、シングル「キラー・クイーン」が大ヒットとなり、その後も次々にヒット曲が生み出されていき、フレディは「史上最高のエンターテイナー」とまで称されるようになる。
しかし、栄光の影で次第にフレディはメンバーと対立し、孤独を深めていく……。

ボヘミアン・ラプソディ© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation and its related entities. All rights reserved. Not to be sold or distributed to the general public.

ねぶくろシネマ@川崎競馬場 supported by コスモスイニシア
開催日 2019年7月27日(土)
開催時間 開場時間: 17:30 〜
上映時間: 18:30 〜 20:45 (上映時間 2時間14分)
場所取りは、16:00から可能ですが、16:50 ~ 17:30は施設の都合で、一度施設外または駐車場に移動していただきます。
開催場所 川崎競馬場(芝生広場)
雨天時は屋内スタンドでの鑑賞
神奈川県川崎市川崎区富士見1-5-1
川崎競馬場前のアクセスはこちら
川崎競馬場
上映作品 ボヘミアン・ラプソディ (日本語吹替版+日本語字幕)
参加費用 無料
参加方法 事前申込は不要です。当日会場に集合してください。
参加対象者 どなたでも
持ち物 敷物(レジャーシート) / 懐中電灯 / キャンプチェア
寝袋は必須ではありません。
テントは使用禁止です。
飲食販売 ケータリングカーによる飲食販売をおこないます。
販売メニュー(予定)
ポーク卵おにぎり / タピオカドリンク / カワサキカレーパン / 川崎塩レモンサワー / シェイブアイスキャンディー(かき氷+わたあめ) / 肉系(メニュー未定) / ポップコーン / ビール他アルコール各種 / ソフトドリンク各種
ゴミは各自お持ち帰りください。またビン・缶の持込みはできません
駐車場 500円/日 (16:00以降は無料) 730台
特別協賛 株式会社コスモスイニシア
後援 川崎市 / 川崎競馬組合
協力 よみうりランド
主催 ねぶくろシネマ実行委員会
企画運営 パッチワークス

ねぶくろシネマとは?

ねぶくろシネマとは、2015年12月に調布に住む父親たちが、小さなこどもを連れてでも気兼ねなく映画を観られるようにと、多摩川河川敷に一夜限りで作った映画館が始まりです。
自分たちで持ってきた椅子や敷物で座席を作り、会場では声を出してもいいというのがルールで、子ども達の感情から出る素直な言葉や笑い声が作りだすアットホームな雰囲気も「ねぶくろシネマ」の魅力となっています。

情報提供: PRTIMES(合同会社パッチワークス)