おでかけや小旅行の計画に役立つイベント情報サイト

「肉フェス 軽井沢 2019」5日間限定で肉と炭水化物の黄金タッグがやってくる

これまで軽井沢で開催されてきた「肉フェス」では提供されてこなかった「肉と炭水化物」の黄金タッグのメニューが、令和元年8月10日(土)から5日間、軽井沢・プリンスショッピングプラザにて解禁されます。

軽井沢観光のランチ休憩やショッピングの合間に、スポーツを楽しんだ後のスタミナ補給に「肉フェス 軽井沢2019」へお立ち寄りください。

肉フェス KARUIZAWA 2019 開催概要

この「肉+炭水化物」メニューは、2018年に埼玉県にて開催時、肉フェスファンに大反響を巻き起こしました。
令和元年、ここ軽井沢においても、これまでの肉フェスとは全く異なるメニューで「肉フェス KARUIZAWA 2019」を開催します。

肉フェス KARUIZAWA 2019

「肉フェス®」が自信を持っておすすめするここでしか食べられないステーキ丼ボロネーゼパスタ、スタミナ満点の牛カレーなど、今までにないスタイルで楽しむボリューム満点の肉料理10品を美食のリゾート地 軽井沢で味わい尽くす5日間です。

メニューには、ブランド牛はもちろんのこと、老若男女から不動の人気を誇るカレーライス、女性に嬉しい旨辛ヘルシー麺など、各店舗が様々なスタイルのこだわりの肉料理を提供します。

とろける和牛と白米の黄金タッグ丼は一口食べたらもう虜!

ステーキ丼「肉処 天穂」のステーキ丼は、生産者の目利きによって厳選された国内最高峰の宮崎牛を使用しています。
味付けは、お肉そのものの豊潤な味わいを楽しめるよう、シンプルにわさび醤油でいただきます。

牛のひつまぶし「Hamburg-ハンブルグ-」からは、厳選した国産牛の上質な赤身を使用した、うなぎではなく牛のひつまぶしが提供されます。
白いご飯によく合う、甘みのあるタレと京都のだし汁がお肉の旨みをさらに引き立てています。

ミシュランガイドにも載っているパスタや、やみつき必至となる辛麺が解禁!

国産牛のボロネーゼ東京目黒・都立大学のイタリア料理店「リストランテ ツヅキ」からは、創業当時から多くの人に愛され続けている国産牛のボロネーゼで肉フェスに参戦します。
牛肉の旨味を最大限に引き出したミシュランシェフ自慢のレシピを是非、この機会にお楽しみください。

こんにゃく麺「食べ処 かいか」からは、宮崎で愛されるソウルフード辛麺とA5ランクの国産和牛がコラボレーションした肉麺が提供されます。
唐辛子の効いたブレンドスープと、食欲を煽るニラの香りがこの季節の食欲増進にぴったりです。ヘルシーなこんにゃく麺は、カロリーが気になる女性にも嬉しい一品です。

丼もの焼き肉の人気部位も丼スタイルや寿司など様々な工夫を凝らして提供されます。

肉フェス® KARUIZAWA 2019
開催期間 2019年8月10日(土) 〜 8月14日(水) 10:00 〜 19:00
開催会場 軽井沢・プリンスショッピングプラザ内 肉フェス特設会場
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
軽井沢 プリンスショッピングプラザ
出店店舗
  • 【EFE KEBAB】 チキンケバブ
  • 【表参道Lounge 1908】 牛ハラミのライスボール
  • 【銀座WORLD DINER】 極うま牛タン飯
  • 【炭火焼肉 いまがわ】 鳥取和牛炙り寿司
  • 【食べ処 かいか】 宮崎牛辛麺
  • 【壽家】 厳選福島牛 肉の孤島カレー
  • 【肉処 天穂】 宮崎牛大トロステーキ丼
  • 【飲めるハンバーグ】 飲めるハンバーグの特製チーズデミグラス丼
  • 【Hamburg-ハンブルグ-】 極み 牛ひつまぶし丼
  • 【MEAT STAND】 信州福味鶏 ジューシーもも唐揚げ / 信州ポーク100%ソーセージ(2種)
  • 【リストランテ ツヅキ】 リストランテツヅキのボロネーゼ
  • 【北の綿雪】 綿雪(いちご/マンゴー/チョコ/ミルク)
主催 テレビ信州
共催 長野県
後援 軽井沢観光協会 / JR東日本長野支社 / しなの鉄道株式会社
企画/運営 AATJ株式会社 (「肉フェス®︎」はAATJ株式会社の登録商標です)
協力 軽井沢・プリンスショッピングプラザ
特別協力 株式会社ジャパンミート
参加料金 入場料無料(飲食代別途)
食券は1枚700円、電子マネーが利用できます。
注意
  1. 会場内への飲食物、ビン・缶の持ち込みは禁止します。
  2. 会場内には電子マネーチャージャーはありません。あらかじめ必要金額をチャージしておいてください。
  3. 開催期間中は、渋滞が予想されるため、公共交通機関をご利用ください。
  4. 雨天決行、荒天の場合は中止の可能性もあります。

情報提供: PRTIMES(AATJ株式会社)